English follows Japanese.
YUKI HASHIMOTOより2020春夏コレクションが公開。今期は、二つのキーワード「In corporate 」「Simulation」をテーマに、デザイン・制作。Yuki Hashimotoは、京都造形芸術大学を卒業後、ファッション業界の名門アントワープ王立アカデミーに進学。学士課程修了後、パリ、アントワープにて「KRIS VAN ASSCHE」「RAF SIMONS」「MAISON MARGIELA」 のデザインアシスタントとして経験を積む。その後、ブランド立ち上げを見据え、ブランド創りの基礎を再度学ぶため、同校の修士課程へ進学。帰国後の 2018年7月、自身のブランドを立ち上げた。今期は、シングルジャケットにタイトなトラウザーズのセットアップから始まり、ワークウェアから着想得たアイテムなど、一つの「企業/カンパニー」を彷彿とさせるコレクションとなっている。また、コレクションのカラーパレットは、デザイナーの橋本が敬愛する、Thomas Cyrill Demand氏の作品からインスピレーションを受け、空虚感漂う”マットなグレー”をキーカラーとしてコレクションを展開してる。先シーズンに引き続き、今コレクションも写真家、石川和人氏が協力、二つ目のキーワード「Simulation」に基づき、オリジナルグラフィックを作成。両者の独特な世界観を感じて頂けるコラボレーションアイテムとなっている。下記よりコレクションをご覧頂きたい。
Yuki Hashimoto 2020年春夏コレクションが近々発売。(12/9更新)
Yuki Hashimoto has unveiled his Spring Summer 2020 Collection. This collection theme is In corporate and Simulation. The designer is graduated from Royal academy of fine arts Antwerp and worked at legend designers brand such as Raf Simons, Maison Margiela and Kris Van Assche. It includes futuristic nylon jacket, half  leather riders  vest, riders inspired coat, layered shirt, patch work pants and more. Check out collection below.
Yuki Hashimoto 2020ss coming soon.(Updates December 9th.)
Pics Via,Yuki Hashimoto