English follows Japanese.

デムナ率いるVetementsの2020春夏コレクションがパリのマクドナルドにて公開された。今期は、企業経営者や銀行家、ポピュリズム、インターネット、ファッション業界の容赦ない利益志向の過剰生産によって引き起こされる無駄遣いに対する皮肉を込めたコレクション。大企業のロゴをアレンジしたパロディアイテムや警官の制服、無駄遣いの真逆に当たるVetementsの余っていた生地を再利用したアイテム、そしてDemnaが得意とするノームコアの衣服が展開。昨季のテーラードメインから再びVetemntsらしいスタイルへと戻されたものとなっている。尚、場所に選ばれたマクドナルドは、戦争後に初めてアメリカからジョージアに入ってきたチェーンで資本主義を象徴するものでDemnaは幼少期にマクドナルドに対する憧れがあったと語った。下記よりコレクションをご覧頂きたい。

 

Vetements has unveiled their Spring Summer 2020 Collection a Paris fashion week. He got inspiration from his back ground  and criticizing to the fashion industry’s relentlessly profit-driven overproduction. It includes police uniform, parody items, his favorite norm core style items, and recycled items. Gvasalia talked about his childhood. “When the Soviet Union ended in Georgia when we were kids, the first thing to open that came from the West was McDonald’s and he wanted to drink and hamburger. McDonald was his first capitalism for him. Check out collection below.

 

 

Pics Via,Hypebeast