English follows Japanese.

Rick Owensより2020年春夏コレクションが公開された。今季は、Rick Owensの祖母の旧姓TECUATLをタイトルに母方のルーツである、メキシコから着想を得たコレクションを展開。会場の中央には、アーティストTHOMAS HOUSEAGOの彫刻を設置、現在話題となっている国境の壁をイメージしたランウェイを製作。コレクションには、ピラミッドを連想させる幾何学模様のジャケットやパンツ、インカ帝国をイメージしたスパンコールや虹色に輝くレザーのアイテム、70年代に、Rickのメキシコの親戚がよく着ていたというChampionとのコラボレーション、そしてVEJAとのコラボレーションスニーカーを展開。下記よりコレクションをご覧頂きたい。

 

Rick Owens has revealed his Spring Summer 2020 Collection. This collection is titled as TECUATL which is designer’s grandmother’s Mixtec maiden name, and it came about as a personal reaction to ongoing plans to build a wall on the US-Mexico border. It includes pyramid inspired jacket, pants, Inca empire inspired shinny items, Champion and VEJA collaborations. Check out collection below.

 

 

 

 

Pics Via,Fashion Press.com