English follows Japanese.

LVMHプライズの特別賞を獲得し、日本だけではなく世界で注目を浴びる赤坂 公三郎氏が手がけるKozaburo Akasakaの2020年春夏コレクションのLook Bookが公開された。ロンドンのセントラル・セント・マーチンズを卒業後NYに移り、トム・ブラウンの下で経験を積んだ後に、パーソンズで学んだ赤坂氏。彼が手がけるコレクションは、トムブラウンで学んだテーラーリングの技術に加えて、影響を受けたというパンクや古着のインスピレーションなどが凝縮されている。今季は、Land of setting sunと名付けられたコレクションで赤坂氏が好んでいるというランドスケープアートと建築から着想を得たコレクションで同ブランドの象徴的なテーラーリングをリネンなど様々な素材で製作、さらにスポーティなナイロンのセットアップジャージ、サイドラインが特徴的なジャージ、ウエスタンシャツ、ブーツカットデニムなどを展開。下記よりコレクションをご覧頂きたい。

 

Kozaburo Akasaka has unveiled his Spring Summer 2020 collection look book. Japanese designer Kozaburo Akasaka won LVMH special prize last year. He studied fashion design at Central Saint Martins and Parsons. And he worked for Tom brown as well.  His new collection is titled as Land of setting sun and took inspiration from landscape art and architecture. It includes his signature tailoring, nylon jacket, pants, sideline jersey, pants, western shirt, boots cut denim and more. Check out collection below.

 

 

Pics via,Hypebeast