昨年LVMHプライズの特別賞を獲得し、日本だけではなく世界で注目を浴びる赤坂 公三郎氏が手がけるKozaburo Akasakaの2019年春夏コレクションのLook Bookが公開された。ロンドンのセントラル・セント・マーチンズを卒業後NYに移り、トム・ブラウンの下で経験を積んだ後に、パーソンズで学んだ赤坂氏。彼が手がけるコレクションは、トムブラウンで学んだテーラーリングの技術に加えて、影響を受けたというパンクや古着のインスピレーションなどが凝縮されたものとなっている。今季は、スーツとスポーツの融合をテーマに作成。トラックスーツ、和を感じさせる紐のグラフィックがプリントされたアイテム、ヒモベルト、漢字が用いられたロングスリーブ、シャツなど登場。それに加えて同ブランドを象徴する立体デニム、ハイヒールブーツなども引き続き展開されるようだ。下記よりコレクションをご覧頂きたい。

 

Kozaburo Akasaka has unveiled his Fall Winter 2019 collection look book. Japanese designer Kozaburo Akasaka won LVMH special prize last year. He studied fashion design at Central Saint Martins and Parsons. And he worked for Tom brown as well.  His new collection is an ideal marriage of the Brooklyn by way of Japan brand’s slick suiting with comfortable sporty garments. It includes track suits, Japan inspired Kanji printed long sleeve, shirt, rope graphics items, belt, their signature 3D denim heel up boots and more. Check out his collection below.

 

 

 

Pics VIa,Hypebeast