English follows Japanese.

コッペンハーゲンを拠点とするHELIOT EMILが2019秋冬コレクションを公開。2017年に誕生したHeliot Emilは、VictorとJuliusの兄弟が手がけるブランドでコッペンハーゲンのアンダーグラウンド、ミリタリー、テクノなどから着想を得ている。最新のコレクションは、ナイロンを使用したアイテムにZipやポケット、そしてインダストリアルベルトなどの金具がアクセントとなり近未来を連想させるコレクションに仕上がっている。アイテムに使用される生地は世界中から、ハードウェアは日本から集められ、最終生産はイタリア、フランス、そしてポルトガルにて行われる。今季は水に濡れた時だきHelilot Emilのロゴが浮き上がるという最新の生地が使用されている。下記よりHeliot Emilの2019秋冬コレクションをご覧頂きたい。

 

Denmark based HELIOT EMIL has unveiled their Fall Winter 2019 Collection. Heliot Emil is founded in 2017 by brothers Victor and Julius and named after their great grandfathe.  The brand is influenced by Copenhagen’s underground, military, aviation, techno, and brutalism. All fabrics are gathered from around the world and then combined with Japanese manufactured custom hardware, with final production taking place in Italy, France, and Portugal. New collection consists of nylon items with futuristic accents such as industrial buckle, zip and straps.   And he has also unveiled special fabric that revealed an all over HELIOT EMIL print only when submerged in water. Check out Heliot Emil 2019FW collection.

 

 

 

Pics Via,Hypebeast