English follows Japanese.

ベルリンを拠点とするブランドGmbHが2019秋冬コレクションを公開した。GmbHは、ファッションフォトグラファーベンジャミン アレクサンダー・ヒュズビーとメンズウェアデザイナーのセルハト・イシックの二人を中心にデザイナーがクラブのダンスフロアで出会った人達と共に立ち上げたブランド。また、ドイツ語で会社を指す言葉となるGmbHは、ブランドに多くの人が参加してほしいという意味とジェンダレスに使えるところからブランド名にしたとのこと。今季は、Rare Raethというタイトルが付けられ、環境問題などでダメージを受けた地球をイメージさせるデニムや体にフィットする近未来風のデザインのアイテム、そしてZipがアクセントのデニムなどを展開。デザイナーは、地球を離れることは究極の移住だろ?とこのショーについてコメントしている。下記よりコレクションをご覧頂きたい。

 

Benjamin Alexander Huseby and Serhat Isik has unveiled GmbH Fall Winter Rare Earth collection. It includes painted denim jacket, pants, futuristic jacket, dress, suits, shiny tailored jacket, pants and more. Designers said Leaving this planet is the ultimate migration, right? Check out GmbH 2019FW collection below.

 

 

Pics Via,Hypebeast