English follows Japanese.

キース・ヘリング、ジャン・ミシェル・バスキア等のアーティストの活動に影響を受け1970年代より活動している伝説的グラフィティアーティスト、フューチュラによる個展「GENERATION Z」が、11月16日から12月15日まで日本で開催。アパレルブランドFUTURA LABORATORIESを今年は再始動、OFF WHITEやCOMME des GARCONSにグラフィックを提供するなど精力的に活動している。約20年ぶりとなる日本での個展では、日本滞在中に制作した27点と4つの彫刻作品が展示される。また、フューチュラの息子でフォトグラファーの13th Witnessによる作品も展示予定。興味がある方はぜひ足を運んで頂きたい。

会期:2019年11月16日(土)〜12月15日(日)
時間:12:00~19:00
閉館日:火曜日、水曜日
会場:The Mass(東京都渋谷区神宮前5-11-1)

 

Futura starting exhibition Generation Z on November 16th. At the time of the COMMAND Z exhibition almost (20) years ago it was the dawn of the new millennium. at that time, GENERATION Z was arriving. I feel it is important to reflect on my past, as well as look to the future. McGurr explains. “Graffiti was a way for me to exist. I wanted the world to know my name. I wanted to be somebody…you just need to keep moving. don’t stop. just keep moving.” The exhibition will showcase 4 different kinds of sculptures and 27 specially-commissioned canvas works–created exclusively during a residency in Japan in 2019.

Generation Z

Schedule:November 16th〜 December 15th

Hours:12:00 – 19:00

 

 

Pics via,The Mass