English follows Japanese.

志鎌英明氏が手掛けるChildren of the discordance 2020年春夏コレクションが東京ファッションウィークにて公開された。小さい時から人と同じ服を切ることが嫌いだったという志鎌氏がブランド名にもなっているDIscordance(不和・非調和)を今季も服作りを通して体現。昨年世界中でムーブメントを起こした大人気のビンテージバンダナを用いたアイテムでは、パンクを感じさせるセットアップが登場。同アイテムは、裏地と圧着後にキルティング加工、そして薬品で溶かしたというかなり手間のかかった一着。さらには、Schottとのコラボレーションライダース、ビンテージスカーフを使用した総柄のシャツやショーツ、アノラック、生地を手染めし製作したスプラッタ柄のシャツ、モンゴルの絨毯から着想を得たというグラフィックのシャツやパンツなどまた新たな流行を作り上げるであろうアイテムを展開。さらに、志鎌氏の好きが圧縮されたセットアップには、手書きのグラフィックやリリックが描かれている。その他にもビンテージLevi’sを使用したジャケットやデニムにパッチや刺繍をしたアイテム、ビンテージTシャツを解体再構築したTシャツとパンツ、ホンダとのコラボレーションとして制作された解体再構築ベストやRogicとのコラボレーションバンダナシャツ、カーゴパンツ、そしてRecoutureとのコラボレーションシューズなどを展開。各ルックが圧倒的な存在感を放つ唯一無二のコレクションを下記よりご覧頂きたい。

バックステージフォトアップデート。(10/22)

 

Vintage collector Hideaki Shikama has unveiled Children of the discordance Spring Summer 2020 Collection. He made vintage bandana movement all aver the world last year. But he is showing new styles for 2020ss such as vintage bandana quilting set up, hand painted set up, vintage scarf patchwork items, handprinted shirts, Mongolia rag inspired graphic items,  vintage remake tee, pants, and embroiled tees. It also including some collaboration this year, such as Schott leather riders jacket, Honda collaboration bike cover, vest, Rogic collaboration bandana shirt, military cargo pants, Recouture collaboration shoes. Check out collection below.

Back stage photo updates.(October 21st)

 

 

                                                  

 

Pics Via,Children of the discordance