English follows Japanese.

近年、Raf SimonsやHelmut Lang、Comme des garconsなどの過去の名作がArchivesとして再び注目を浴びている。そんな中、渋谷にデザイナーズブランドやハイブランドのアーカイブを集めた国内最大級のストアArchive Storeがオープンし人気を集めている。美術館のような洗練された店内には、滅多にお目にかかることのできないアイテムがずらりと並ぶ。中でもRaf Simons 2000年前半のアイテム、Martin MargielaのArtisanal、メトロポリタン美術館に展示されている物と同じComme des Garconのドレスなどは、ファッション好きなら一度はお目にかかりたいアイテムだろう。また、同店では毎月テーマが決められガラッとメインスペースの展示品が変わる。7/20から7/31までは、Jean Paul GAULTIERの90年代を中心としたアーカイブ約50点を展示・販売する。自由かつ挑発的なデザインで時代を風靡したJean Paul GAULTIER。下着をアウターにしたデザインや男性用のスカート等、これまで物議を醸すデザインを数多く発表、現在のファッションの潮流でもあるジェンダーレスの先駆けとも言われている。長きに渡って反逆心に満ち溢れたデザインを提案し続け、多くのデザイナーに影響を与えてきたJean Paul GAULTIERの貴重なアーカイブが一堂に集まる貴重な機会にぜひ足を運んで頂きたい。

会期:7/20〜7/30

住所:東京都渋谷区神南1-12-16 和光ビルB2F

 

Designers brand archives have been popular these days such as Raf Sions,Helmut Lang and Comme des garçons. Recently archive store opened in Shibuya Japan. They carries extremely rare designers brand archives. Specially early 2000’s Raf Simons, Martin Margiela’s artisanal and Comme des garçons dress which is same dress as displayed at Metropolitan museum in NYC. They also features one brand or one designer every month. This month’s feature is  90’s Jean Paul GAULTIER. The exhibition starting from July 20th through July 31st.

Address:B1F, Wako Bldg. 1-12-16 Jinnan, Shibuya-ku, Tokyo

 

 

Pics Via,Archive Store