English follows Japanese.

ロンドンファッションウィーク最終日にSamuel Rossが手掛けるA-COLD-WALLが2020春夏コレクションを公開した。今季は、MATERIAL STUDY FOR SOCIAL ARCHITECTUREと名付けられたコレクションで粘土、鉛、水、ガラスの4つの重要な化合物をそれぞれコレクションに取り入れ再現したものとなっている。コレクションは、粘土を再現したテック系のナイロンジャケットやベスト、パンツ、ガラスを再現したウエットなコート、テーラードジャケット、カラーの切り替えが特徴的なニット、バッグ、そしてConverseとのコラボレーションなどを展開、ACWらしい近未来風のデザインが披露された。デザイナーのSamuel Rossは、OFF-WHITEのVirgil Ablohのもとでクリエイティブアシスタントとして2年間務めた後、自身のブランドA-COLD-WALLを立ち上げた。ACWは、英国の労働者階級システムからインスパイアされているブランドだが、素材、カッティング、メジャーやスケールなどを彷彿とさせるデザインなど年々建築の要素が強くなってきている。最新コレクションは下記よりご覧頂きたい。

ACW×Converseが公開。(6/11更新)

 

Samuel Ross showed A-COLD-WALL Spring Summer 2020 Collection at last day of London Fashion Week. This collection is titled as MATERIAL STUDY FOR SOCIAL ARCHITECTURE, the collection utilized four key compounds of clay, lead, water and glass into each of the looks, hoping to build upon the relationship shared between the material and emotional worlds. It includes nylon jacket, coat, knit wear, translucent vinyl coat, cargo pants, tailored jacket, converse collaboration and more. Samuel Ross worked with Virgil Abloh as creative assistant for 2years. After that He started A Cold Wall which was inspired by British labouring classes. Check out A Cold Wall Fall Winter 2019 collection.

ACW×Converse is unveiled.(Updates June 10th)

 

Pics Via,Hypebeast,aardrijkskunde