English follows Japanese.

A-COLD-WALLが2019秋冬コレクションをロンドンファッションウィークにて公開した。今季も、ACWらしい近未来風のデザインが披露された。大胆に衣服の一部をくり抜かれたウールのジャケット、ブランドを象徴するナイロンやビニール素材を使用したアウター、パンツ、異素材を組み合わせたニットウェア、ジップやスティッチング、キルティングが特徴のアイテム、バッグなどを展開。デザイナーのSamuel Ross(サミュエル・ロス)は、OFF-WHITEのVirgil Abloh(バージル・アブロー)のもとでクリエイティブアシスタントとして2年間務めた後、自身のブランドA-COLD-WALLを立ち上げた。ACWは、英国の労働者階級システムからインスパイアされているブランドだが、素材、カッティング、メジャーやスケールなどを彷彿とさせるデザインなど年々建築の要素が強くなってきている。最新コレクションは下記よりご覧頂きたい。

 

 

Samuel Ross showed A-COLD-WALL Fall Winter2019 Collection at London Fashion Week. This collection includes unique cutting outer, architect inspired knit wear, translucent vinyl tops, their signature nylon items, asymmetry items, nags and more. Samuel Ross worked with Virgil Abloh as creative assistant for 2years. After that He started A Cold Wall which was inspired by British labouring classes. Check out A Cold Wall Fall Winter 2019 collection.

 

 

Pics Via,GQBlitish